心から楽しむために!風俗を利用するタイミングとは?

横になっている女性

風俗を利用するタイミング

可愛らしい女性

風俗は、基本的にお金を持っていないと遊ぶことはできません。しかも、10円、100円という安い価格ではありません。遊ぶ時間にもよりますが、最低でも1000円以上はかかります。1000円といえば、貧乏人にとって1日の食費分くらいにはなるかもしれません。テレビを見るみたいに、いつでも遊べるような娯楽ではないのです。
給料やボーナスが出た後に利用するのが最も適切なタイミングでしょう。このタイミングが最も経済的にゆとりがあります。大金が手に入ったのだから豪勢な遊びがしたい、そん時風俗はピッタリです。贅沢且つ気持ちよくなることができます。
利用するタイミングで忘れてはいけないのが、自分の性欲についてです。たいして性欲が強くもない時に風俗に行ったところで、心から楽しむことなんてできません。やはり、精力が溜まっている時を狙って行くべきでしょう。そのほうが何倍も気持ちがのり、高いお金を払うだけの価値を見出すことができます。
風俗を利用するタイミングで大切なのは、何の不安もなく遊べることです。ちょっとでも不安になるようなことを抱えていれば、それだけで気持ちが沈んでしまいます。身も心も満足するためには、まず風俗で遊べる環境を整えることこそが重要です。

風俗嬢との話から感じた彼女達のストレス

僕には風俗嬢の友達が多くいます。元々中学や高校時代からの同級生で、風俗に入る前から友達になっていたパターンが多いです。また、彼女たちにはあまり言っていませんが、自分自身風俗を利用することも少なくないので、そこからの接点もあります。当然、お客と嬢という関係なので、友達関係に発展することはほとんどありませんが、風俗で働く女性との接点は他の男性よりも多いのかもしれません。
風俗で働く女性と話していると、ストレスの強さが心配になってきます。自分で選んだ仕事とはいえ、体力も精神力も必須の仕事だと感じます。人類最古の仕事と称されるように、風俗には長い歴史があります。しかし、処女性を求める文化によって、風俗で働く人は一般的に貶されるような目線で見られるていることが多いかもしれません。これも彼女たちのストレスに一役買っているようです。また、お客の中には横暴な振る舞いをしてきたり、人ではなくまるで物のように扱ってくる人もいるようです。そういうプレイを売りにしている上でない場合は、重大な人権侵害だなぁと思います。
僕自身いろんな話を聞いてきて、風俗を利用する場合には女性の気持ちに配慮して関わりたいなと思っています。その方が自然と提供してもらえるサービスも良くなるような気がします。

風俗は行く前が一番楽しいね!

風俗というのは、お店選びをしている時が一番気分が高まって楽しいのではないかと思います。
もちろん、実際にプレイする時も気持ちよくて楽しいわけですが、気分の高まりという意味ではお店を選んでいる時やお店に入るとき、そして女の子と対面する瞬間であってその後はおまけのようなものと感じます。素人の子とエッチに持ち込むときのできるかどうかわからないドキドキ感というのも良いですが、風俗の確実にエッチができるというドキドキ感も悪くないものです。
風俗の場合、お店や女の子を選ぶことができるし、シチュエーションの設定なども可能なので、その時の気分に合わせた遊びをすることができます。そのため、どのような遊びをしようか悩んでいる瞬間というのが、たまらなく楽しかったりするものです。
しかも、風俗に行きたい時というのはそれだけ溜まっている状況ですから、すぐにお店を決めて早く抜いてもらいたいという思いと、これだけ溜まっているならせっかくだから最高のプレイをしたいと考えが交錯して、なかなかお店が決まらないというあの瞬間も嫌いではありません。
そして、ようやくお店も決まって出発する時というのは、子供の頃にどこか旅行に出かけるときのようなときめきを感じることができるので、風俗というのはやめられないですね。